Blind Autumn


I


Wind picks up and waves are rumbling

    as I raise my arms before infinity.


Coming into view now—cluster amaryllis,

    but eventually they too will be crushed.


Wind picks up and waves are rumbling

    as I raise my arms before infinity.


How often have I sighed despairingly

    at the thought that I would never return . . .


My youth is already a hardened artery

    through which flow cluster amaryllis and evening sun.


Quiet, gorgeous and brimming,

    like the last smile of a leaving woman,


solemn, rich, desolate,

    unusual, warm, glittery, it touches my heart . . .


            Ah, how it touches my heart . . .


Wind picks up and waves are rumbling

    as I raise my arms before infinity.



II


How this may change, how that may change,

I don’t care.


What this means, what that means,

these really don’t matter.


All you need is faith in yourself!

Leave everything else as it is . . .


Faith, faith, faith, faith—

the only thing that doesn’t make your deeds sinful.


Just be at your ease, cheerful, and as quietly as a wisp of straw,

fill the kettle with morning dew and spring to your feet!



III


My Santa Maria!

    I did cough up blood!

And since you didn’t want my sympathy,

    I was well and truly beaten . . .


Although that’s because I showed no deference,

    although that’s because I had no guts,

since it was so natural to love you,

    you loved me too, but . . .


Ah! My Santa Maria!

    Though there’s no helping it now,

I’ll tell you something—


that you can love a person naturally, but naturally

    doesn’t happen so often,

and that’s something not just anyone’s allowed to know.



IV


Would she at least open her heart to me

when I’m dying?

    For that, don’t put on powder,

    for that, don’t put on powder.


Just silently open your heart

and radiate towards my eyes.

    Please don’t think of anything,

    anything to do with me.


Just let your eyes well up,

breathe warmly.

If the tears flow,


you could fall on me suddenly

to take my life.

Then I would comfortably follow a snaky path up to the land of the dead.


盲目の秋


I


風が立ち、浪が騒ぎ、

無限の前に腕を振る。


その間、小さな紅の花が見えはするが、

それもやがては潰れてしまふ。


風が立ち、浪が騒ぎ、

無限のまへに腕を振る。


もう永遠に帰らないことを思つて

酷白な嘆息するのも幾たびであらう……


私の青春はもはや堅い血管となり、

その中を曼珠沙華と夕陽とがゆきすぎる。


それはしづかで、きらびやかで、なみなみと湛へ、

去りゆく女が最後にくれる笑ひのやうに、


厳かで、ゆたかで、それでゐて佗しく

異様で、温かで、きらめいて胸に残る……


あゝ、胸に残る……


風が立ち、浪が騒ぎ、

無限のまへに腕を振る。


II


これがどうならうと、あれがどうならうと、

そんなことはどうでもいいのだ。


これがどういふことであらうと、それがどういふことであらうと、

そんなことはなほさらどうだつていいのだ。


人には自恃があればよい!

その余はすべてなるまゝだ……


自恃だ、自恃だ、自恃だ、自恃だ、

ただそれだけが人の行ひを罪としない。


平気で、陽気で、藁束のやうにしむみりと、

朝霧を煮釜に填めて、跳起きられればよい!


III


私の聖母!

とにかく私は血を吐いた! ……

おまへが情けをうけてくれないので、

とにかく私はまゐつてしまつた……


それといふのも私が素直でなかつたからでもあるが、

それといふのも私に意気地がなかつたからでもあるが、

私がおまへを愛することがごく自然だつたので、

おまへもわたしを愛してゐたのだが……


おゝ! 私の聖母!

いまさらどうしやうもないことではあるが、

せめてこれだけ知るがいい――


ごく自然に、だが自然に愛せるといふことは、

そんなにたびたびあることでなく、

そしてこのことを知ることが、さう誰にでも許されてはゐないのだ。


IIII


せめて死の時には、

あの女が私の上に胸を披いてくれるでせうか。

その時は白粧をつけてゐてはいや、

その時は白粧をつけてゐてはいや。


ただ静かにその胸を披いて、

私の眼に輻射してゐて下さい。

何にも考へてくれてはいや、

たとへ私のために考へてくれるのでもいや。


ただはららかにはららかに涙を含み、

あたたかく息づいてゐて下さい。

――もしも涙がながれてきたら、


いきなり私の上にうつ俯して、

それで私を殺してしまつてもいい。

すれば私は心地よく、うねうねの暝土の径を昇りゆく。

Copyright © 1999-2017 Juked